[ ここから本文 ]

投資信託基礎講座

目論見書の見方

1998年12月の投信法改正により投信の募集に目論見書が使用されることとなりました。目論見書の情報は以前の受益証券説明書に比べて、かなり多く詳細に記載されていますが、反面分かりにくくなったと非難の声もよく聞きます。

目論見書の記載情報には第1部と第2部に分かれています。

第一部 ファンドの名称
内国投資信託証券の形態等
発行数など
第二部 概況
投資方針
管理及び運営の仕組みなど

上記の項目は見やすく整理されているとは言えません。それが、分かりにくいといわれる面もあるのでしょう。

では、ファンド投資において押さえておかなければならないポイントを考えてみましょう。

ファンド名

まず、投資信託を選択する上で一番重要な項目はファンド名です。ファンド名はそのファンドの性格を表しているといえるでしょう。また、最近では愛称をつけて親しみやすくしているファンドも目立ってきました。 ファンド名は自分が投資しようとするファンド、または既に投資しているファンドを認識するための入口です。(たまに、自分が何に投資しているのか分からない投資家がいますので。)

投資方針

目論見書に記載されている投資方針は、受益証券説明書に書かれている投資方針より詳細で、専門用語も多様に使用されていますので、一目見ただけでは分かりにくいと思われます。そこで投資家は投資方針を読んでみて、わからない所をチェックし自分で調べてみたり、販売員に質問する事もファンドを理解する上で大切なことです。

費用

投資家が負担する費用で、直接関係してくるのは販売手数料信託報酬です。

販売手数料は、無手数料(ノーロード)のものから3.5%等と様々な体系に分かれています。また販売会社によっては同じファンドでも違う手数料となっていますので、より安く買付ができればコストが低く抑えられます。

信託報酬は、ファンドを保有するにあたって負担する費用です。信託報酬率は年間で1%〜1.5%前後というように運用資産より徴収されます。インデックス型のようなパッシブ運用のファンドでは0.6%前後と低く抑えられています。

その他

投信法改正により目論見書と受益証券説明書の一番大きな違いとなったのは、RR分類の表示がなくなったことでしょう。目論見書の記載事項は有価証券届出書に書かれている事が前提となっています。有価証券届出書にはRR分類の表示は認められていませんので、目論見書では記載されません。

RR分類は絶対的な表示ではなく、投信会社の裁量により決められています。RR分類の表示だけで投資のリスクおよびリターンが推測できるものではありません。ファンド投資には、どのような投資リスクが存在するのか、どの程度のリターンが望めるのかを検討することが重要です。投資信託は株式、債券等の有価証券に投資するものですから株式には株式のリスク、リターン、債券には債券のリスク、リターンがあります。ファンドの組入れ資産の状況を把握することもリスク・リターンを理解する上での重要なポイントです。

最後に

米国の目論見書も以前は難易な言葉が使用されていましたが、現在では投資家に分かりやすく平易な言葉に改められています。日本の目論見書も一般投資家に読みやすく、分かりやすいように改善されることが求められます。

提供:イー・トレード証券

当社は「ALL証券比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。