[ ここから本文 ]

投資信託基礎講座

運用報告書とは

1年に1度(決算が年1回のファンドの場合)発行されるファンドの成績表です。運用報告書からは、ファンドが当初の投資方針の通りに運用されているか、組入れ資産の状況はどうか、ファンドの運営コストはどうなっているかなどが分かります。

まず、目論見書と運用報告書を用意して、両方を読み比べることで、そのファンドが当初の投資方針通りに運用されているかをチェックしてみて下さい。例えば、株式ファンドにもかかわらず、その時の株式相場が不調なため債券に大半を投資していれば、株式ファンドとはいえません。投資方針通りの運用がされていないと、投資家自身が資産を形成していく上での分散投資ができなくなってしまいます。

運用報告書には、過去のパフォーマンスの推移が表示されており、ベンチマークと比較することができます。ベンチマークより好パフォーマンスかどうかをここで確認することでファンドの動向が分かります。インデックスファンドはベンチマークと同じ値動きを目的としており、アクティブファンドはベンチマークを上回ることを目的としています。

運用報告書には数字によるデータやコメントが記載されています。運用報告書はそのファンドに投資した人だけでなく、これから新規に購入を検討される投資家にとっても、目論見書と同様に重要な書面です。

提供:イー・トレード証券

当社は「ALL証券比較」に掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性 および正確性を保証いたしません。また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。 したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、 当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。 掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。 お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、 その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。 当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
掲載情報に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、 個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。